中学英語受験でも帰国子女が断然有利です

横浜に最適と考えられる中学校を発見しました

小学生以下の子供たちについては、どの国でも日本人学校に通うことができます。
費用がかなり高額なのですが、会社がそのほとんどを補助してくれるので心配はありません。
ただ一つ心配なのは日本に帰国を果たしたときです。
娘は小学校を卒業する時期に差し掛かっているので、日本に帰国するとすぐに中学校に進学しなければなりません。
もしも中学校の入学試験が日本語で全部行われると大変なことになります。
娘の日本語力が十分ではないからです。
このようなピンチの時に英語を利用して中学受験できる学校を発見しました。
これなら合格間違いなしです。
なぜならばシンガポールでは英語を含むバイリンガル教育をしてくれているからです。
こと英語に関しては、日本人の子供たちには負けません。
というわけで、できれば英語だけで受験できるような中学校を模索しています。
よく探せばそれは見つかるものです。
日本語を使わないで、英語だけで中学受験を完結できるような学校がたくさんあります。
こちらの授業料は普通の中学校に比べて割高ですが、私達家族にとってその他の選択肢は考えられません。
日本に帰国を果たした後に、まずすべきことは娘の中学英語受験です。
横浜に最適と考えられる中学校を発見しましたので、そこに願書を出しました。
心配することは全くありませんでした。

英語力、、特に帰国子女とかではないけれど、仕事や研究で英語使って活躍してる人が「中学英語、受験英語やっておけ」と言ってたのがアメリカ来てみてよーくわかった。

— ぜん (@zenzenzenshi) May 12, 2015

英語を利用して中学受験できる学校が増えている横浜に最適と考えられる中学校を発見しました英語力だけで難なく横浜の中学英語受験をクリアすることができました